前へ
次へ

過疎化する地域医療の今後を考える

日本は、特に地方都市で過疎化が進んでいます。
大都市に人口が密集していますが、地方へ行くと人口減少が著しい年が多く、懸念されているのがその地域の医療をどうやって維持していくかということです。
特に、過疎化と高齢化が深刻な地域には、医療機関が不足しています。
病院へ通うにも交通手段が限られていたり、なかなかアクセスすることが難しいケースも多く、今後どうやってそのような過疎化地域にて医療を維持していくかが課題となっているのです。
最近では、巡回型の医療が地方で少しずつ定着しつつあり、医師が持ち回りで患者の家を回って診察を行っています。
公共交通機関が十分に発達していないところでは、巡回医療が地域医療の命綱となっているのです。
それは介護の問題も同じであり、介護の担い手も過疎化地域では家族に大きな負担となってのしかかってきてしまっています。
地域が協力しあって過疎化地域に住む人々の医療を助けていく必要があるのです。

Page Top