前へ
次へ

国民の健康保険制度を守るためのマイナンバー制度

近年、日本に来日する観光客が急増していて、その中でも人気を集めているのが医療ツーリズムです。
本来であれば国民健康保険というのは、日本の国民のために作られた医療制度です。
しかしながら、最近では来日外国人がその制度を悪用して日本の医療制度にただ乗りしたり、高額な医療費を踏み倒したりするトラブルが相次いでいるようです。
このような外国人による医療制度のタダ乗りを防ぐために新たに設けられたのが、マイナンバー制度です。
マイナンバー制度が創設されたことにより、国民の状況を政府が容易に把握することができるようになりました。
今までの不要制度では、海外にいる家族にまでその扶養の対象が及んでいるため、海外に家族がいる外国人観光客が日本の健康保険制度を悪用することができてしまっていたのです。
しかしながら、マイナンバー制度ができたことで、海外に暮らす家族は扶養対象外となり、しっかりと運用されるようになったのは喜ばしいことです。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren2set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top