前へ
次へ

コンビニ受診のシステムは画期的

日本の医療は変っていかなくてはいけない時期に来ていますが、その理由としては医師の勤務環境を考えなくてはいけないのと働き方の改革にあります。
医師の労働問題は放っておけない問題となっており、人材を増やすということはもちろん必要ですが、その地域にとって何が足りないのかを調査する必要があります。
また解決策として考えられているのが、救急外来におけるコンビニ受診というのがあります。
コンビニ受診とうのは聞きなれない言葉になりますが、これは休日や夜間において緊急性のない疾患の患者を受け入れて受診することができるシステムです。
これがあることによって平日などの昼間に受診できなくても、夜間にいって体の不調を診てもらうことができますし、時間の拘束が少ないので安心できます。
緊急性がある場合には救急病院がありますが、その前段階でコンビニ受診があることで、緊急性の病気を阻止することができるのも大きなメリットになります。

Page Top