前へ
次へ

地方医療の現状とこれからの役割

人口が減少傾向にある日本では都市の人口増加に反するように、地方の過疎化が進んでいる状況になっています。
そのために日本の医療全体としても考えなくてはいけないことに、地方における医療の存在と人材不足を考えなくてはいけません。
今の地方の現状では若者が少なくなり、高齢者が多くなっている状態です。
高齢者においては、どうしても年齢が上がることで医療の力を借りなくてはいけない年齢となっているために、病院や医師、看護師の存在は不可欠となっています。
医療施設がない地域では、朝早くから遠くの病院まで行くために車や公共機関を使っていく高齢者が後を絶ちません。
今の医療が広がりを見せるためには行政と医療が一体となり地方に医療施設や簡易的な医療提供の場を作っていくことになります。
また代替医療でも大きな役割を持つことができるので、地域を挙げて変えていくことは急務になっています。
地域によって、はすでに新しい地方都市として活動をするところもあります。

Page Top